【Mac】ファイル削除をもっと簡単にしたい!ショートカットキーをカスタマイズする方法

WindowsユーザからMacに乗りかえると、操作の違いで戸惑います。

Macでファイル削除(ゴミ箱に入れる)するときにDeleteキーを押しても削除できません!

Macのファイル削除ショートカットキー

⌘Command+Deleteキーを同時に押す!

Macではファイルを削除するのに⌘Command+Deleteキーを同時に押さなければいけません。

キーが少し離れているのでやりづらいです!

あまり手を動かさなくても良いショートカットキーに変更したいですね。


もっと簡単にファイル削除できるようにショートカットキーをカスタマイズ方法を説明していきます。

目次

Macでファイル削除(ゴミ箱に入れる)する方法

ファイル削除のショートカットをカスタマイズする方法の前に、Macでファイル削除(ゴミ箱に入れる)する方法には以下のやり方があります。

  1. ファイルをゴミ箱にドラッグ&ドロップする
  2. Finderメニューの「ファイル」をクリックして、「ゴミ箱に入れる」を選択する
  3. ⌘Command+Deleteキーを同時に押す

ドラッグ&ドロップしたり、メニューから削除をするのは大変です。

ショートカットもキーが離れているので、ショートカットキーをカスタマイズして簡単にファイル削除できるようにしたいと思います。

ファイル削除のショートカットをカスタマイズする

Macではショートカットのカスタマイズも簡単にできます。

macOS Ventura13.1バージョンの設定方法

STEP
画面左上のリンゴのマークをクリックし「システム設定」をクリック
Macシステム設定を開く
STEP
画面左メニューより「キーボード」をクリック

キーボードショートカットボタンをクリックしてください。

Macシステム設定キーボードショートカット
STEP
画面左のメニューより「アプリケーション」をクリック

すべてのアプリケーション」の「」をクリックしてください。

Macショートカットカスタマイズ
STEP
赤い丸の「+」をクリック
Macショートカットカスタマイズ
STEP
ショートカットキーを設定
Macファイル削除ショートカットキーのカスタマイズ方法
アプリケーションすべてのアプリケーション
メニュータイトルゴミ箱に入れる
キーボードショートカット⌃control+Shift+D

ゴミ箱に入れる」と正確に入力しないとうまくいきません。

お好みのショートカットキーを自由に設定することもできます。



これでファイル削除のショートカットのカスタマイズが完了です。

⌃ControlShiftDでファイルが削除できるか確認してみてください。

macOS Montereryバージョンの設定方法

STEP
画面左上のリンゴマークから「システム環境設定」を選択
STEP
「キーボード」をクリック
STEP
「ショートカット」タブをクリックして「アプリケーション」を選択
システム環境設定ショートカット
STEP
「+」ボタンをクリック
システム環境設定ショートカット
STEP
ショートカットキーを設定

お好みのショートカットキーを自由に設定することもできます。

ここでは、左手だけで操作できるように、ショートカットキーをControl+Shift+Dとします。

システム環境設定ショートカット
アプリケーション全アプリケーション
メニュータイトルゴミ箱に入れる
キーボードショートカット⌃Control+Shift+D

ゴミ箱に入れる」と正確に入力しないとうまくいきません。

これでファイル削除のショートカットのカスタマイズが完了です。


⌃ControlShiftDでファイルが削除できるか確認してみてください。

さいごに

Macでファイル削除のショートカットキーをカスタマイズする方法を解説しました。

Macのファイル削除ショートカットキー

デフォルトでは⌘Command+Deleteキーを同時に押す!


Macのファイル削除のショートカットキーはちょっとキーが離れているのでやりづらいです。


ショートカットキーをカスタマイズすることで、あまり手を動かさずにファイル削除できるようになります。


やりやすいショートカットキーを設定して、カスタマイズしてみてください。

目次