Macのコピー&ペーストをWindows風にカスタマイズ【ショートカットキー】

WindowsユーザからMacユーザになったときに操作の違いに戸惑いますよね?
よく使うコピー&ペーストのショートカットキーもキー配列の違いにやりづらさを感じている人も多いのではないでしょうか?

Macでコピー&ペーストするには

⌘Command + Cでコピーして、⌘Command + Vでペーストになります。

Windowsに慣れているとCapsを押してしまいます。
そんな時に、MacでもWindowsの時のように操作ができるようにカスタマイズする方法を説明していきます。

カスタマイズ方法

Capsキーに⌘Commandキーを割り当てて、Windowsのような指使いでコピー&ペーストできるようにしていきます。

簡単にカスタマイズできるので参考にしてみてください。

目次

MacとWindowsでコピー&ペーストする方法

Windowsの場合

コピー&ペーストするショートカットはWindowsではCtrl+CCtrl+Vなので、左小指でCtrlキーを押すのに慣れていると思います。

Windowsの場合、Ctrlキーは1番左下にあります。

Windowsキーボード
Windowsのctrlキーの位置

Macの場合

一方、Macでコピー&ペーストする時は、⌘Command+C⌘Command+Vでできるのですが⌘Commandキーの位置がWindowsと違ってやりづらい。

Macの⌘Commandキーは左下から3番目なので、コピー&ペーストしようとするとCapsキーを押してしまいイライラしてしまいます。

Macキーボード配列
Macのcommandキーの位置

普段あまり使わないCapsキーに⌘Commandキーを割り当てて、Windowsの時のような指づかいでコピー&ペーストができるようにカスタマイズしていきましょう。

そうすればWindowsのように小指で⌘Commandキーを押すことができます。

Capsキーに⌘Commandキーを割り当てる方法

  1. 「システム環境設定」を開く。(左上のリンゴマークから「システム環境設定」を選択する)
  2. キーボード」をクリックする
Macシステム環境設定キーボード
システム環境設定
  1. 「キーボード」タブをクリックして右下の「修飾キー」ボタンをクリックする。
Macシステム環境設定キーボード
キーボード
  1. 「Caps Lockキー」の設定で「Command」を指定します。
Macシステム環境設定キーボード修飾キー


OKボタンを押して完了です。

これでCaps+CCaps+Vでコピー&ペーストができるようになります。
確認してみてください。

Capsキーって何に使うの?

ローマ字入力するときにCapsキーをONにしておくと、大文字入力ができるようになります。
大文字英字入力を多用する方に便利な機能になります。

もしCapsキーが使えなくなってもShiftキーを押しながらローマ字入力すると大文字になるのでCapsキーが使えなくなっても問題ないと思います。

さいごに

はじめからMacを使っている方はカスタマイズせずに従来のキー配列のまま⌘Command+C⌘Command+Vでコピー&ペーストの方がやりやすいと思います。

WindowsとMacを併用して使っている方は混乱してしまうので、カスタマイズした方がやりやすいと思います。
参考になれば幸いです。

目次