Macのコピペがやりづらいのでショートカットを変更する方法!【Windows風に】

Macのコピー&ペーストはちょっとやりづらいです。

Macでコピー&ペーストするには

⌘Command + Cコピーして、⌘Command + Vペーストになります。

Macキーボード配列

慣れると手をあまり動かさなくて良いので意外にも使いやすいのですが、慣れるまでは指使いがちょっとやりづらく感じてしまいます。

特にWindowsユーザからMacユーザになったときに操作の違いに戸惑いますよね?
Windowsに慣れているとCapsキーを押してしまいます。


WindowsとMacを併用する方は、指使いを統一させた方が使いやすいです。


MacでもWindowsのように操作できる、ショートカットキーの変更方法を解説していきます。

カスタマイズ方法

Capsキー⌘Commandキーを割り当てて、Windowsのような指使いでコピペできるようにしていきます

簡単にカスタマイズできるので参考にしてみてください。

目次

Macのコピペ方法

まずはMacのコピー&ペーストの方法をおさらいします。

コピー⌘Command+C
ペースト⌘Command+V
Macキーボード配列
Macのcommandキーの位置

Windowsユーザは、コピペしようとするとCapsキーを押してしまいます!

そこで普段あまり使わないCapsキー⌘Commandキーを割り当てます。


Windowsのように小指でCapsキーを押してコピペができるようにしていきます。

Macコピペのショートカットを変更する方法

MacのコピペをWindows風のショートカットキー配列に変更する方法を説明していきます。

macOS Venturaバージョンのやり方

STEP
画面左上のリンゴのマークをクリックし「システム設定」をクリック
Macシステム設定を開く
STEP
画面左メニューより「キーボード」をクリック

キーボードショートカットボタンをクリックしてください。

Macコピペをカスタマイズ
STEP
画面左のメニューより修飾キーをクリック

Caps Lock(⇪)キー」の項目から「⌘Command」を選んでください。

Macコピペをカスタマイズ

完了ボタンをクリックして完了です。

これでCapsキー⌘Commandキーが割り当てられました。
Windowsと同じキー配列でコピペできるようになります。

コピーCaps+C
ペーストCaps+V

macOS Montereryバージョンのやり方

STEP
画面左上のリンゴマークから「システム環境設定」を選択
STEP
「キーボード」をクリック
Macシステム環境設定キーボード
STEP
「キーボード」タブをクリック

右下の修飾キーボタンをクリックしてください。

Macシステム環境設定キーボード
STEP
「Caps Lock(⇪)キー」から「⌘Command」を選択
Macシステム環境設定キーボード修飾キー

OKボタンを押して完了です。

これでCapsキー⌘Commandキーが割り当てられました。
Windowsと同じキー配列でコピペできるようになります。

コピーCaps+C
ペーストCaps+V


確認してみてください。

Capsキーって何に使うの?

Capsキーはどんな時に使うのか?

ローマ字入力するときにCapsキーをONにしておくと、大文字入力ができるようになります。

ローマ字の大文字入力を多用する方に便利な機能になります。


もしCapsキーが使えなくなっても、Shiftキーを押しながらローマ字入力すると大文字にできます。


普段ローマ字入力を多用しない方は、Capsキーが使えなくなっても問題ないです。

さいごに

はじめからMacを使っている方は、カスタマイズせずに従来のキー配列のまま⌘Command+C⌘Command+Vでコピペした方がやりやすいと思います。


WindowsとMacを併用している方はコピペする時に混乱します。

そこでWindowsと同じキー配列でコピペできるようにショートカットを変更した方が使いやすいです。


ぜひコピペの設定を変更してみてください。

Macのコピペの問題点について

Macのコピペに関してもう1つ困った問題があります。

Mac書式なしでコピー&ペーストする方法
Macのコピペ

ホームページから文章をコピペした時に、上の画像のような問題が発生します。

コピペした時に文字サイズフォントなど、コピー元の書式までコピーされてしまいます。


コピペしたときにコピー元の書式をコピーしたくないので、一旦メモ帳にペーストしてから再度コピペすることで対応していました。


これがかなり時間のロスになります。

数回なら良いですが、何度も繰り返す場合は大変です。


コピペを「書式なし」に変更する方法があるのでやってみてください。

目次