Macでスクリーンショットを撮る4つの方法!

Macでスクリーンショットを撮る方法は4つあります。

4つもあって覚えるのが大変ですが、よく使うショートカットキー1つだけ覚えれば使いこなせると思いますので参考にしてください。

目次

スクリーンショットを撮る4つの方法

スクリーンショットを撮る方法は4つあります。

スクリーンショットショートカットキー
1:画面全体shift+command +3
2:選択したウィンドウshift+command +4+space
3:選択した部分shift+command +4
4:上記3つの方法+動画撮影shift+command +5

それぞれどんな風にスクリーンショットが撮れるかみていきます。

1:画面全体を撮る方法

shift+command +3を同時に押してみてください。
画面全体のスクリーンショットがデスクトップに保存されます。

Macでスクリーンショットを撮る4つの方法

2:選択したウィンドウを撮る

ウィンドウを単体でスクリーンショットを撮ることができます。

shift+command +4+spaceを同時に押します。
カーソルがカメラのマークになるので、撮りたいウィンドウを選んでクリックします。

Macでスクリーンショットを撮る4つの方法

shift+command +4+spaceでスクリーンショットを取ると上の画像のように、ウィンドウに黒い背景も一緒に写り込んでしまいます。

黒い部分が気になる方は次の方法を試してください。

Macでスクリーンショットを撮る4つの方法


shift+command +4+spaceを同時に押して、スクリーンショットを撮る時にoptionを押しながらクリックしてください。
黒い背景なしのウィンドウが撮れます。(四隅に黒いところが少し入ってしまいますが…)

四隅の黒が気になる場合は次の方法を試してください。

3:選択した部分を取る

スクリーンショットを撮りたい部分を選択して撮ることができます。

shift+command +4を同時に押します。
十字と丸のカーソルに変わるので、クリックしながらドラッグしてスクリーンショットを撮りたい場所を選択します。
クリックした指を離すとスクリーンショットが撮れます。

Macでスクリーンショットを撮る4つの方法

スクリーンショットを撮りたい部分を指定することができます。

ウィンドウの部分を選択して黒い背景が入らないように撮ることもできます。

Macでスクリーンショットを撮る4つの方法

4:上記3つの方法+動画撮影

shift+command +5を同時に押してください。

左の3つは左から順番に「画面全体」「選択したウィンドウ」「選択した部分」のスクリーンショットを撮ることができます。

Macでスクリーンショットを撮る4つの方法

下記画像の四角で囲んだ2つは動画を撮ることができます。
左が画面全体を動画撮影、右が選択した部分を撮影になります。どちらか選んだら1番右の「収録」をクリックして撮影開始になります。

Macでスクリーンショットを撮る4つの方法

撮影が終了したら画面上の「ストップ」ボタンを押してください。

Macでスクリーンショットを撮る4つの方法

これで動画撮影が完了します。

さいごに

先程のスクリーンショットのショートカットにcontrolキーを追加するとクリップボードに保存することができるので便利です。そのままcommand+Vで画像を貼り付けることができます。

スクリーンショットショートカットキー
1:画面全体shift+command +control+3
2:選択したウィンドウshift+command +control+4+space
3:選択した部分shift+command +control+4

複雑そうなショートカットキーですがよく使うやつは決まってくると思うので慣れるととても便利です。

その他、スクリーンショット関連で便利な設定

スクリーンショットの保存先を変更する方法。
デフォルトだとデスクトップに保存されてしまうので、別のフォルダへ保存するように設定できます。

スクリーンショットの保存形式をPNGからJPGへ変更する方法。
サイズの容量を抑えられて便利です。

スクリーンショットを撮ったら画像を自動でリサイズする方法。
毎回決まったサイズにリサイズするなら設定しておいた方が楽です。

スクリーンショット撮影後、右下に表示されるプレビューを非表示にする方法。
邪魔だと思う方は非表示にできるのでやってみてください。

目次