Macスクリーンショット保存形式をJPGに変更する簡単な方法

Macでスクリーンショットを撮ったとき、保存形式がデフォルトだとPNG(Portable Network Graphics)形式になっています。

PNGより画像サイズが小さくなるJPG形式に保存させたいですね。
毎回、変換作業を行うのはとても面倒くさいです。

スクリーンショットの保存形式をPNGからJPGに変更する方法を説明していきます。

目次

スクリーンショットの保存形式をPNGからJPGに変更する方法

「ターミナル」というアプリを起動する

  1. 画面下のDockから「Launchpad」をクリックします
ターミナル起動方法
  1. 「Launchpad」が起動したら「その他」をクリックします。

画面上の「検索」にターミナルと入力してもOKです。

ターミナル起動方法
  1. 「その他」を開いたら「ターミナル」をクリックします
ターミナル起動方法
  1. 「ターミナル」が起動されます
ターミナル起動方法

スクリーンショットの保存形式を変更するコマンドを入力する(PNG➝JPG)

スクリーンショットの保存形式をデフォルトのPNG形式からJPG形式に変更するよう「ターミナル」にコマンドを入力していきます。

  1. 以下のコマンドをコピーして、「ターミナル」に「⌘(command)」+「V」ではりつけてください。
defaults write com.apple.screencapture type jpg
  1. 「ターミナル」にコマンドをはりつけたら「Enter」キーを押してください
スクリーンショットの保存形式をJPGに変換するコマンド

これで、スクリーンショットの保存形式がPNGからJPGに変更になりました。

スクリーンショットの保存形式をJPGからPNGに戻す方法

  1. 以下のコマンドをコピーして、「ターミナル」に「⌘(command)」+「V」ではりつけてください。
defaults write com.apple.screencapture type png
  1. 「ターミナル」にコマンドをはりつけたら「Enter」キーを押してください
スクリーンショットの保存形式をPNGに変換するコマンド

これで、スクリーンショットの保存形式がJPGからPNGに変更になりました。

スクリーンショットPNG形式とJPG形式のサイズの違い

試しにJPG形式とPNG形式で撮ったスクリーンショットのサイズを比べてみます。

スクリーンショットJPG保存した場合のサイズ
スクリーンショットPNG保存した場合のサイズ
スクリーンショットのサイズ

JPG形式のサイズ:156KB
PNG形式のサイズ:1,1MB

ファイルサイズは、JPG形式にするとPNG形式のおよそ10分の1になります。

さいごに

ブログにスクリーンショットの画像を利用するだけならサイズは小さい方が良いので、JPG形式で保存された方が使い勝手が良いです。

手順通りにやれば簡単にできるので、是非試してみてください。

スクリーンショットの保存先がデフォルトはデスクトップなので別の場所に変更したい場合は以下の記事を参考にしてください。

何度もスクリーンショットを撮る方は、自動でリサイズされていると便利ですよね。

スクリーンショットの出力ファイル名を変更することも出来ます。

目次