【Mac】ウィンドウ切り替えをショートカットする方法【Windows風に】

Macでウィンドウを切り替えるショートカットキーは⌘CommandTabになります。


しかしMacでウィンドウを切り替えるショートカットは「アプリケーションの切替え」になります。

同一アプリで複数のウィンドウを開いている時には思うように動作してくれなくてイライラします。

Windowsユーザは操作の違いに戸惑いますね!

Windowsのウィンドウ切り替えショートカットキーAlt+Tabは、開いているウィンドウを順番に切り替えてくれます。


MacでもWindowsのAltTabのように動作する方法を解説していきます。

簡単に説明しておくと、Macでは2段階に分けて操作する必要があります。

1.⌘CommandTabアプリケーションの切り替えを行う
2.⌘Command+@同一アプリケーション内のウィンドウ切り替えを行う

Macの環境により⌘Command+@ではない場合もあるので、どのショートカットキーが割り当てられているか確認する方法も合わせて解説していきます。

目次

Macでの⌘Command + Tabはどのように動作する?

まずはじめに、Macでウィンドウ切り替えのショートカットはどのように動作するか確認していきます。

MacでWindows風にウィンドウ切替えする方法
Macで「Command」+「Tab」切り替え

Macで⌘CommandTabした場合の動作は、上の画像のように「アプリの切替え」となっています。

同一アプリで複数のウィンドウを立ち上げている場合には対応できません。

MacでWindows風にウィンドウ切替えする方法
Macで「Command」+「Tab」した場合、同一アプリを複数立ち上げた時に対応できない

例えば、Finder①Finder②テキストエディタ①テキストエディタ②と4つのウィンドウを開いていたとします。

Macでウィンドウ切り替えショートカットキーを実行するとFinder①テキストエディタ①という順番で切り替わっていきます。


理想とする動作は、Finder① → Finder② → テキストエディタ① → テキストエディタ②という順番で切り替えたい!

Macで実現するにはどうすればよいでしょうか?

その方法を説明していきます。

ショートカットキーの確認方法と変更方法

同一アプリ内のウィンドウ切り替え方法について以下の2点を解説していきます。

  • ショートカットキーの確認方法
  • ショートカットキーの変更方法

ネットで調べたところ⌘CommandF1で同一アプリ内のウィンドウ切り替えができると書いてあるページがいくつかありました。

試したところできなかったのでもう少し調べてみました。

Macの環境によりショートカットの設定が違うようです。

同一アプリ内のウィンドウ切り替えショートカットキーの確認方法を説明していきます。

合わせて使いやすいようにショートカットキーを変更する方法も説明します。

macOS Venturaバージョンのやり方

今回動作を確認したMacの環境

MacBook Air(M1,2020)
macOS Venturaバージョン13.1

STEP
画面左上のリンゴのマークをクリックし「システム設定」をクリック
Macシステム設定を開く
STEP
画面左のメニューより「キーボード」をクリック

キーボードショートカットボタンをクリックしてください。

Macウィンドウ切り替えショートカットキー
STEP
画面左のメニューよりキーボードをクリック

次のウインドウを操作対象にする」を確認してください。

ウィンドウ切り替えのショートカットキーには、⌘command+が設定されています。

Macウィンドウ切り替えショートカットキー

⌘command+だと押しづらいので、お好みのショートカットキーに変更しましょう!

STEP
ショートカットキーを変更

次のウインドウを操作対象にする」の右側をダブルクリックします。

Macウィンドウ切り替えショートカットキー

お好みのショートカットキーを入力してください。

ここではWindows風のキー操作になるように、⌥option+Tabと入力します。

以上で完了です。

同一アプリ内で複数のウィンドウを開いているとき、⌥option+Tabでウィンドウの切り替えができるようになっています。

確認してみてください。

⌥option+Tab+Shiftでウィンドウ切り替えが反対周りになります。

macOS Montereryバージョンのやり方

今回動作を確認したMacの環境

MacBook Air(M1,2020)
macOS Montereryバージョン12.1

STEP
画面左上のリンゴマークから「システム環境設定」を選択
STEP
「キーボード」をクリック
STEP
「ショートカット」タブをクリックし「キーボード」を選択

ウィンドウ切り替えのショートカットキーには、⌘command+が設定されています。

MacでWindows風にウィンドウ切替えする方法

⌘command+だと押しづらいので、お好みのショートカットキーに変更しましょう!

STEP
ショートカットキーを変更

次のウインドウを操作対象にする」の右側をダブルクリックします。

MacでWindows風にウィンドウ切替えする方法

お好みのショートカットキーを入力してください。

ここではWindows風のキー操作になるように、⌥option+Tabと入力します。

以上で完了です。

同一アプリ内で複数のウィンドウを開いているとき、⌥option+Tabでウィンドウの切り替えができるようになっています。

確認してみてください。

⌥option+Tab+Shiftでウィンドウ切り替えが反対周りになります。

さいごに

Macでウィンドウを切り替えるショートカットキーは⌘CommandTabになります。

しかしMacでウィンドウを切り替えるショートカットは「アプリケーションの切替え」になります。


Windowsユーザは思うように動作してくれず困っているのではないでしょうか?

MacでもWindowsのようにウィンドウを切り替える方法を解説していきました。

MacではWindowsのようにはウィンドウ切り替えができませんが、なんとか近い動きをできるようになります。



参考になれば幸いです。

最小化したアプリを再表示させるショートカットコマンド

1度最小化したアプリを⌘CommandTabで再表示することができません。
再表示させるショートカットは以下の記事を参照してください。


他にも使いやすくカスタムする方法があるので参考にしてみてください。

目次