【Mac】ウィンドウ切り替えをショートカットする方法【Windows風に】

Macでウィンドウを切替えるショートカットは⌘CommandTabになります。


しかしMacでウィンドウを切替えるショートカットは「アプリケーションの切替え」なので、同一アプリで複数のウィンドウを開いている時には思うように動作してくれなくてイライラします。


Windowsを使っているユーザは分かっていただけると思いますが、Windowsでは開いているウィンドウを順番に切替えてくれます。

Windowsのウィンドウ切替えショートカットAlt+Tabは、開いているウィンドウを順番に切り替えてくれます


MacでもWindowsのAltTabのような動作ができるようなやり方を紹介していきます。

目次

Macでの⌘(Command)+ Tabはどのように動作する?

まずはじめにMacでウィンドウ切替えのショートカットはどのように動作するか確認していきます。

MacでWindows風にウィンドウ切替えする方法
Macで「Command」+「Tab」切り替え

Macで⌘CommandTabした場合の動作は、上の画像のように「アプリの切替え」となって、同一アプリで複数のウィンドウを立ち上げている場合には対応できません。

MacでWindows風にウィンドウ切替えする方法
Macで「Command」+「Tab」した場合、同一アプリを複数立ち上げた時に対応できない

例えば、Finder①Finder②テキストエディタ①テキストエディタ②を開いていた場合、ウィンドウ切換えするとFinder①テキストエディタ②という順番で切り替わっていきます。

Finder①Finder② テキストエディタ① テキストエディタ②というように切替えたい場合はどうすればよいでしょうか?


その方法を説明していきます。

MacでWindows風に開いているウィンドウを順番に開く方法

ネットで調べたところ⌘CommandF1でWindowsのようにウィンドウ切り替えができると書いていました。

試したところできなかったのでもう少し調べてみました。

Macの環境によりショートカットの設定が違うようなので、どのショートカットが設定されているか確認する方法を説明していきます。

今回動作を確認したMacの環境

MacBook Air(M1,2020)
macOS Montereryバージョン12.1

1. 「システム環境設定」を開く。(左上のリンゴマークから「システム環境設定」を選択する)
2.「キーボード」をクリックする
3.「ショートカット」をクリックし「キーボード」を選択する

MacでWindows風にウィンドウ切替えする方法

次のウインドウを操作対象にする」のショートカットがデフォルトでは⌘Commandが設定されていました。

⌘Commandだとちょっとやりづらいので、お好みのショートカットに変更することもできます。

MacでWindows風にウィンドウ切替えする方法

赤い枠のところをクリックしてお好みのショートカットを入力してください。
今回はWindowsの操作に近い⌥OptionTabに変更しました。

これで、同一アプリ内の複数ウィンドウの切り替えができるようになりました。


Macで同一アプリで複数のウィンドウを立ち上げている場合、順番にウィンドウを切替えるためには2段階操作をしなければいけません。ちょっと面倒ですが、これでWindows風にウィンドウを切替えることができます。

Macでのウィンドウ切換えショートカット手順
  1. ⌘Command+Tabでアプリケーションの切替えを行う
  2. 該当するアプリケーションに切替えたら⌥Option+Tabでアプリケーション内のウィンドウ切換えを行う

さいごに

MacでWindows風にAltTabでウィンドウを切替える方法を説明していきました。

少し異なる点が⌘CommandTabでアプリを切り替えてから、今回設定したショートカットキー「⌥OptionTabで同一アプリ内のウィンドウを切替える」という2段階を取る必要があります。

テキストエディターやFinderはタブ追加していけば良いので、Windowsのようにウィンドウの切替え動作はMacであまり必要とされていないのですかね?

トラックパッドで四本指を上にスライドする方法もあります!
※現在開いているウィンドウのサムネイルが表示されるます

最小化したアプリを再表示させるショートカットコマンド

1度最小化したアプリを⌘CommandTabで再表示することができません。
再表示させるショートカットは以下の記事を参照してください。

目次